日本立腰

 
立腰体操・立腰整体で日本を元気に!
寝腰JAPANから、立腰JAPAN!へ。 
カタ苦しいイメージから、ユル楽しいイメージへ。
「タテゴシ」で、日本を元氣に!
〒583-0012 大阪府藤井寺市道明寺2-5-1
    日本立腰協会(JTA) 理念・ビジョン
 
立腰‐人間革命!で、
人々を幸せに!
 
日本立腰協会は、立腰‐身体革命を通じて、人類と社会への貢献を推進してまいります。
 
人々にとって幸せとは何か。
 
「愛し愛されること」「日々生きていること」「自己実現」「喜ばれること」「笑顔」・・・。
 
多くの答えがあると思いますが、幸せとは、感動することと同義であると考えます。
 
JTA日本立腰協会が、何のために活動しているのか、何を成したいのかといえば、一人でも多くの人に喜び、感動を伝えたい、ということに尽きます。
 
「立腰」によって、身体能力および脳力が飛躍的に向上し、身体‐脳全機能をも使いこなせる、今後人類が迎えるそうした“人間力”のビックバン「立腰‐身体革命」の無限なるパワーを、人々の幸福のために正しく、楽しく発展させていくこと。
 
この「志」を原動力に、日本立腰協会(JTA)は成長を続けてまいります。
 
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
 
    10年後のビジョン
 
日本立腰協会(JTA)は、10年後のビジョンとして、
 
「2025年までに、日本人全員が“立腰”を!」
 
というスローガンを掲げています。
 
かつて、スティーブ・ジョブズが、
 
「10年後に一人に1台のパソコンを持つようになる」
 
と言ったとき、周りのみんなは「あいつはバカだ」と嘲笑ったそうです。

今、私が
 
「10年後、日本人一人一人が“立腰”するようになる」
 
と言ったら、同じように嘲笑う人もいるでしょう。

しかし、私はこれを一生の仕事のつもりで、やり抜きます。

そして、最終的には、「立腰」という言葉と概念自体が消えるまで、やり抜きたい。

「立腰」が「歯磨き」や「入浴」と同じように、日本人の当たり前の習慣として根づくように、やり抜きたいと思います。

奇しくも、「立腰教育」の生みの親、森信三先生は、生前、

「日本人が立ち直るのは、2025年からだろう。」
 
と語られています。
 
私はこの事実を知ったとき、「絶対にやってやろう!森信三先生、見ていて下さい!」と、身が震え、ハラを括らずにはいられませんでした。
 
「日本列島タテゴシ化計画」

今から10年後。

「立腰」をどこまで浸透させられているか、ぜひともご期待ください。

そして、あなたも、日本人の一人として、ぜひ!ご協力ください。
 
「人生は、“立腰”1つで変えられる!」のです。
 
立腰革命で、人々を幸せに!
 
立腰革命で、もっと世界をHappyに!
 
 



 
 
 
 
 
 
〒583-0012
大阪府藤井寺市道明寺2-5-1
 22222222222222¥